マンションの外壁塗装は大切|プロに依頼しよう

耐久性を考慮して

刷毛

外壁の修理や塗料の品質

日本での外壁塗装の歴史は、明治時代の横浜から始まりました。海外では、外壁塗装をすることで耐久性がアップするタイプの建物がよく建築されています。そして海外の文化を積極的に取り入れていた横浜でも、そういった建物が建築されるようになりました。それに伴って、外壁塗装の需要も高まり、公共施設でも個人宅でもさかんに施工されるようになったのです。このように外壁塗装の歴史が長いことから、横浜には高い技術を有する塗装業者が多くいます。その中でも特に注目されているのは、塗装だけでなく外壁の修理にも力を入れる塗装業者です。ケレンやシーリングといった、外壁そのものの状態を良くする作業をしてから塗料を塗るので、耐久性がよりアップすることになるのです。また、品質の良い塗料を取り扱っている塗装業者もよく選ばれています。塗料は、水やシンナーを混ぜて滑らかな状態にしてから外壁に塗る必要があるのですが、塗装業者の中には、コストダウンのためにこれらを規定以上に混ぜているところもあります。その分耐久性が低めになるのですが、逆に言えば、過度に混ぜていない塗料を使用すれば、耐久性が高めになるということです。そのため、コストダウンによる利益よりも、塗料の品質を重視するという塗装業者には、人気があるわけです。横浜では、海から吹いてくる潮風で、外壁が比較的短期間で劣化することがあります。だからこそ多くの人が、耐久性を十分に考慮して施工する塗装業者を選んでいるのです。